大田区・品川区・大井町・大森・蒲田・品川・横浜の会社設立をサポートします
0120-257-022 メールでのご相談

資金繰り(融資・助成金)

資金繰りの悩みから解放されたいとお考えの社長様へ

  1. 経験豊富な融資アドバイザーがご相談を承ります!

     

  2. 社長様が抱えていらっしゃる不安な思いをお話しください。
    金融機関からの借入だけでなく、助成金も含めて資金繰りのご相談を承ります。
    経営計画書や資金繰り表を難しいと感じている社長様のサポートをします!

     

  3. 資金繰り表は、決算書を見ても見えてこないところを補うために必要な表です。
    自社の資金運用の改善に役立つことはもちろん、金融機関からの信用を得るためにも資金繰り表を作成することをお勧めいたします。
    金融機関との面談について、準備・アドバイスをします!

 

資金繰りが厳しくなる4つの原因

  1. 売上高が増えると資産が増える
    販売から現金になるまでの期間が長い商売では、売上高が増えるにつれて、売掛金や受取手形が増えるのが一般的です。
    現金化になるのが、売掛金の場合は約1~2ヶ月後、受取手形ですと約4~6ヶ月後になります。
    他の支払いがあればいくら売上を上げても入金がなければ資金繰りが厳しくなります。

     

  2. 商品を仕入れるので、在庫が増える
    在庫を抱える商売ですと、売上が上がるまで仕入れた商品が在庫として残ってしまいます。
    それと同時に、商品を仕入れますからその代金を支払うことになります。
    そうしますと、仕入の為に現金を支払ったが、在庫として残っている。
    当然売上が上がらず、入金がない状態になり、資金繰りが厳しくなります。

     

  3. 機械や設備などの購入
    機械などは長期間使う資産です。
    売上などが上がって儲かり一時的に余った資金で新たな機械を購入すると、いざ資金を使うときに資金が足りなくなり苦しくなします。
    逆にローンなどを組んで毎月支払が発生する場合も、そのローンの組み方によっては資金繰りが厳しくなる可能性があります。

     

  4. 借入れすることによって、返済が大きくなる
    商品の購入などで資金が必要になった時に、銀行からお金を借ります。
    その借入も、借りたからには返済をします。
    商品が売れ回収した代金で返済しますので、この商品が売れ残ったりしますと、借入をした返済が厳しくなり資金繰りに影響がでます。
業務案内
事務所案内
情報リンク集